今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
楽パレ感想(相変わらずマトブ寄りな感想です)


11月12日。WOWOW貸切見てきました。

前回の感想に訂正箇所ありました。
台詞はだいたいのニュアンスで書いているので、あんまり正確ではないです。すいません。

一応、全体を書いておきますが、相変わらずまとぶん寄りなのはお許しください(汗)



●色々箇条書きにしときます。


・今回はセットがすごく綺麗。特にお屋敷のセットが良い!
・よく見ると、窓の外の照明や、風の効果など凝ってます。

・ヴィットリオの幼少の頃の話が悲しすぎる。すごく泣ける。
・お母さん役のきほちゃんの演技も泣ける。
・最初の革命軍のダンスをぼーっと見ていたら、いつの間にかさお太さん達が銀橋に来てた。
・娘役ちゃん達のドレス姿が可愛くって見てるだけで癒される

・ロド様はやっぱり声が印象に残る。
・らんとむの芝居、好きだなぁ。良い奴なんだニコラ。死んじゃ嫌だ。
・とむ&いちかのコンビって良いよね。
・いちかちゃん、ぴょんぴょん跳ねてるしぐさが可愛いー!

・ロド様が手袋を投げるとこは、無駄にドキドキしてしまう。
・でもハッチさんにもドキドキしてしまう私。ビバ渋系。

・でも、おさふーのベッドシーンの方がドキドキだ。

・絵画と照明だけのシーン、シンプルながらも歌が綺麗で好きだな。
 ダンスにも違和感なしだし。
・ヴィットリオ&ロドでふーちゃんを持ち上げるところも好きだ。
・何でみんな黒い服で踊ってるんだろう?と思ったらその後が葬式のシーンだった

・やっぱり、「お別れです、愛しい人。」と言うふーちゃんに泣ける。
あのシーンは本当に泣ける。

・舞踏会のシーンで、エリザさん(鏡の間)がいるよ。
あのドレスの使い回しは、あかんやろ・・・

・パンフ見て知ったんですけど、ヴィットリオってあの後に国会議員になったのね。
そんなこと一言も劇中に出てこなかったぞ??



●ロド様限定感想

・ヴィットリオにふーちゃんを紹介するシーン。
「僕の婚約者・・・と、言っても・・良いのかな?」(ちょっとおどけた感じで)(笑顔)


・・・きぃぃぃぃーーーーーー!!!(赤面)
この言葉、ズドン!とみぞおち辺りにキますよ!!
心して見ないと、口元が緩むこと間違いなしです。よだれよだれ。(汚い)


・ロド様、カヴァーレ家を後にする。
「アンリエッタ! またすぐ、来ます。」(手にお別れのキス)

すぐ!?すぐ!?っていつの事ですか先生!雨の日に窓から入ってマントをたなびかせちゃうんですか部長!!(それ違う方の人だから)


・サン・ベネディクトの祭り。

紺(だと思うのですが)の軍服に、マントを斜めがけのロド様。
アンリエッタの姿を見つけて、驚く。

「アナタのご家族はご存知なのですか!?あなたが・・こんな・・・」
(と言って、辺りを見渡す)

「こんな・・・」の後の間が良いっすね。
こんな貧しい、薄汚れたところに・・という言葉を飲み込んだ様な言い方で、その後、すぐ「帰りましょう!」と言うのもまた良い。


で、アンリエッタにヴィットリオを愛していると言われる。

この日の「冗談でしょう」は、「・・・・・冗談でしょう!?」といった感じでしたね。
割とハッキリ言ってた様な気がします。

その後の、「この男は貴族ではない!!」という台詞は更に強く言っていて、吐き出すような言い方でした。

その後、ヴィットリオに決闘を申し込む時に、手袋を投げるんですが、
これがまた・・・ドキドキしちゃいますね(笑)

でも投げ方はそんなに強くないです。どちらかと言えば「・・・っぺしっ!!」って感じです(笑)

ここは、最後にマントをたなびかせてハケて行かれるので、マトブスキーさんはそのチェックも是非!
素敵ですので!(笑)



・一方通行の愛

ヴィットリオはアンリエッタの父によって辺境の地に転任に。
それでも、ヴィットリオを愛しているアンリエッタ。

「私のプロポーズに、未だに良い返事が返ってこないのは・・あの男のせいですか・・?」
と静かに問うロド様。

「彼を愛しています」というアンリエッタ。
彼女にとっては平民も貴族も関係ない。
同じ人間なのだから・・という考え方。

でもロドリーゴは貴族は貴族として生きる、それが自分達の存在理由だという考え。

考え方が全く違う二人。
これだけ考え方が違うと、やっぱりきついよなぁ・・。
結婚って、一生の事だからな・・と庶民的に考えてしまうよ(笑)





・で、まぁ色々あって(笑)

えーと、少し端折りますが、ニコラ達革命軍が殺されてしまって、
それを見てアンリエッタが「どうして私達は手を取り合って生きていけないのか」と言う。

それを聞いて、さすがのロド様も悩みだす。

アンリエッタに振られて、挙句の果てに好きな人の心がわからなくなった。

「私には、貴女の心が見えない・・・」

で、ここで銀橋ソロです。


ここ、ニコラ達が無残にも殺されてしまって、すごくすごく泣けるシーンの後で、全然歌詞とか覚えれないんですよね(汗)

my初日はまるっきり歌詞がわからなかったんですが、
今回はちゃんと聞いてきました!
で、少しロド様の感情も見えてきたというか。
そりゃ、貴族じゃないので、全部は共感は出来ないですけど、
少し、何か見えてきたように感じました。



ヴィットリオにアンリエッタを紹介した時のロド様。

彼はまだ、アンリエッタが自分以外の人を選ぶなんて思いもしていなかったはず。

もちろん、近い将来は彼女と結婚をして、家庭を築いて、子どもも出来て・・と、色々な事を思い描いていたと思うんですよね。

それが、その当たり前だったはずの近い将来が、崩れたとしたら。


愛していた人も、思い描いていた夢も、もしかしたら自分が作り出した幻かもしれない・・

そんな不安感に襲われても不思議じゃないですよね。


この、銀橋ソロがあるからこその、あの見事なまでの引き際なのかなーとも思いました。


ここで、ロド様は「もう無理なのかもしれない」と思い始めて・・
で、ヴィットリオが貴族社会に迎えられた時は、もう無理だ!と潔く諦めたんじゃないかな。

もちろん、愛する人の幸せを願う気持ちもあったと思いますけどね。


そうそう、最後の舞踏会のシーンですが、黒燕尾ではなく、黒の軍服でした!!
どうも舞踏会というと、黒燕尾のイメージがあるので間違いました;
すみません;










2005⁄11⁄16(Wed) 00:09   花組 | Comment(2) | | ↑Top


Comment


詳しいご報告ありがとうございます~!
「私の婚約者…」のところ、友人はスカステのお稽古風景で見た瞬間に倒れたそうです!(笑)

もうツボをいっぱい教えていただき、これで予習もばっちり!
あとは今日のWOWOWでの映像捕獲が楽しみです~!
2005/11/16 07:18URL | 葉月[ 編集]


いえいえ~!少しでもお役に立てて良かったです!
メールでは色々とお世話になってますし(笑)

ねぇ!婚約者って・・そんなん言われたら、めろめろですよね!!(爆笑)
あそこは台詞と赤軍服で、脳内が一気にホットチョコレート状態になってしまいますよ!!

WOWOWはさっき見てきました~。
もう、嬉しくって何にも覚えれてない自分が情けない(笑)
すみれちゃんもまとぶんも、可愛くて微笑ましかったです!

2005/11/17 00:28URL | イチヒ[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。