今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
落パレ感想。(ロド伯爵編)


続いて、ロド伯爵の感想です。

ん~、とは言ってもmy初日。
更にまとぶんに会うのは久しぶりということで、記憶も曖昧ですし、
実際目にしてみると、頭ん中がパンクしそうになってしまって(オイ)


つまり、まともに観察が出来ませんでした(汗)
やっぱり好きなんだと実感・・・。


こんな私の感想で良ければ、どうぞお読みください(笑)


えーと、ロド伯爵の登場は第2場からなので、それまではゆっくり見れていたんですが。

が、出てきたと同時に頭のネジが軽く吹っ飛んだ気がしました。

最初は赤(落ち着いた赤色。エンジ色っぽい)の軍服です!
こーれがもう、ほんっとに良く似合ってました!!
少し・・若々しく見えてしまうのですが、とっても可愛くって・・
あああ・・久しぶりのまとぶんだーー!!!と興奮しっぱなしで、一歩間違えれば私って危ない人なんじゃあと後から思いました。(今でも危ない人です)
すげえオペラでピン取りしていたんで、おそらくお隣の方にはバレバレだったと思います。

で、彼はアンリエッタにプロポーズ中なんですよね。
貴族同士ですし、他にライバルもいないのでロド伯爵は当然アンリエッタと結婚すると思っているんでしょう。
屈折したところのない、素直な明るさが垣間見える伯爵でした。

それ故に、アンリエッタに「ヴィットリオを愛しています」と告げられた時の驚きようといったらすごくて。

「・・・冗談、でしょう・・?」

この言葉がすごく良かった。

ただ驚いたんではなく、本当に頭で理解できない。
言葉すら紡ぐ事が難しい、といった様子でした。


きっと伯爵は人に拒絶されたことなんかなくて、
もちろん貴族は貴族と結ばれるべきだ、という考えで、
恋愛というものは時として不条理な中にも出来るものだ、ということを知らずに真っ直ぐに生きてきたんだろうな・・と感じました。
純粋培養の、お坊ちゃま。そんな印象を受けました。

でも、やはり現代と考え方が違うので・・ロド伯爵自体にはちょっと共感は難しい感じもします;
それは時代背景のせいなので、どうしようもないのですが。


で、最後の場面。
ドンブイユ公爵家の大舞踏会のシーン。

公爵がヴィットリオを息子と気付き、過去の過ちを償い、彼を息子として家に迎えると宣言する。

大舞踏会に招かれていた貴族達は驚き、やがてヴィットリオとアンリエッタのカップル誕生に祝福の拍手を送る。


ここの場面で、唯一拍手をしていないのがロド伯爵だ。


公爵の宣言を聞いた時は、食い入るように公爵とヴィットリオを見つめることしか出来ないでいた。
本当に、彼にとっては寝耳に水状態なわけだから、おそらく言葉も出なかったのだろう。

そして、アンリエッタに近づいて手の甲にキスを。

「貴女の幸せを心よりお祈りいたします」と一言残し、颯爽とその場から去って行く。




・・私はここで二人(ヴィットリオとロド伯爵)の決闘が始まるのかな、とか思ったんですがそれは流石に時間無いか。
(っていうか普通にハッピーエンドで終わらせてあげましょうよイチヒさん)


いや~、去り際が良いですね、ロド伯爵。
きっと心の内は悲しみでいっぱいなんでしょうけど(笑)
そこはやっぱり、名門貴族ですからね。うん。
あ、個人的な意見としては格好良いの一言に尽きます。


う~ん、やっぱりあんまり観察できてませんね;
他にもいっぱい出てくるシーンがあったんですが。
今日は落ち着いて見られる状態じゃなかったということで、許してください(笑)

衣装はとにかく衣装変えが多くって・・何種類あったか覚えてません;
赤と黒の軍服に・・あれはコートなんだろうか・・っていうのも2種あったような・・。
最後の舞踏会のシーンは、ポスターの黒燕尾だったかな・・?


今日見た感じでは、私の好みは最初の赤の軍服ですね(笑)

次の観劇は来週なんですが、かなりの良席なんで、しっかり見てきます!




ちと訂正。
最後の舞踏会の場面は、燕尾じゃなく、黒の軍服でした!









2005⁄11⁄06(Sun) 19:12   花組 | Comment(2) | | ↑Top


Comment


> 「・・・冗談、でしょう・・?」
> この言葉がすごく良かった。
> ただ驚いたんではなく、本当に頭で理解できない。
> 言葉すら紡ぐ事が難しい、といった様子でした。

あ~…その伯爵さまに早くお会いしたい!!!
もう、もう、初日からいろんな人の感想を読むたびに、
伯爵さまへの想いが募るばかりです…

またのご感想、お待ちしています!

2005/11/09 16:53URL | 葉月[ 編集]


>葉月さま

本当に、今回の公演も良い芝居してらっしゃいますよ。
特に「冗談でしょう?」の台詞の間の取り方が絶妙なんですよ~!!
他にも色々とあったはずなんですが、久々の逢瀬で(笑)あまり覚えてなくて;
また観劇したら、ちゃんとメモっておいて記事にしますね!

葉月さんが伯爵さまに会うのは東宝のみなんでしょうか?
ムラにもいらっしゃるのかな??

2005/11/09 21:58URL | イチヒ[ 編集]

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。