今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
行かないで


どうでもいいことですが、最近の日曜は買出しと家事に追われることが多くて記事に時間が取れません…orz
とか言いつつ黎明PassionのDVD見てる私も悪いんですけど(爆)(買ったのでついつい見ちゃう♪)

そしておかんに「それ轟さんが出てるやつ?いつか見せてね!」と言われ……



マ、ママンと一緒に
デュエダン&その後を
見る勇気がないよう…!
<ウォイw

とりあえず自室でじっくり堪能して、後はDVDを引き渡してトンズラここうと思います。(うん、まぁ私が居ない間にじっくり見るがいいよ的な)

続きまして、赤熱海の感想です。






●ショーについて

ショーについては色々と覚悟していたんですが(初っ端から毒舌だなオイw)、思ったよりずっと良くてほっと一安心致しました。てへ☆
個人的に草野先生のショーに関しては、好きな場面と苦手な場面が(私は)はっきりと分かれるパターンが多くてですね、それが少し心配ではあったのですが、今回はそういうひっかかりは無かったと思います。
でもまた泣いてたから、もしかしたら記憶から抹消されてるだけかもしれませんが;

そしてもう一つの心配は、その、衣装面でのことです(笑)
タカラヅカ絢爛ⅡのDVDを死ぬほど見た私としましては、ショーのお話仕立てには好感を覚えたものの、極彩色&ボリューミーなお衣装に抵抗を覚えてもいまして、今回は果たしてどういった衣装になるのだろうか…とハラハラしておりました。
まぁ…それも許容範囲内だったと思います。Mさん的には。
最初の魚ダンスでは思いの他綺麗な白い衣装でしたし。


●お魚天国~

二階席から見てたのでよくわからなかったのですが、すみかちゃんの客席降りがあってびっくりしました。
あと、舞台上に小さな船がありまして、みわっち演じる妖精のシェルが乗っています。
みわっちはプログラムにも載っているお写真のとおり、ショートボブのカツラで超可愛いです!!

そしてお魚天国になります。
私は「魚」と聞いて実は青魚類を思いっきり想像していて、そして勝手に銀ピ…カ!?う、鱗…来ちゃう!?と勝手にビビッていたので、まさかそんな可愛らしい熱帯魚だなんて思いもしませんでしたよ。
(全ては己の勝手な思い込み)

なので舞台上で頑張って踊っているユーヒくんが、
いつもの三割増に可愛く見えたのは言うまでもありません。
(いや、いつだって踊っている彼は可愛いんですが。)

そしてMさんが白の衣装で登場。
この衣装が結構可愛くて、ちょっとロン毛な頭も可愛くて、
なんだかとっても満足してしまった私なのでした。
Mさんがああいう頭してんの、初めて見たかも??
(フィリップさんは茶毛だったからね)

●オトナの余裕

銀橋に現れたスーツ姿の人物。
おおっ!?誰だ誰だ!?とオペラを覗き込むと、
そ、そこにはイケメーンユウヒくんが!!!

しかも、
サングラス、キタ――(゜∀゜)――!!

2月に某司令官を見てからというもの、サングラス萌えを発掘してしまった私が飛びつかない訳はありません。

サングラスって、なんでこうそそられるんでしょう…
ドキドキするんでしょう…
外す瞬間を絶対に見逃したくない…!と思ってしまうんでしょう…
(完璧に変態の域に入っているイチヒさん)

そんなわけで御三方が一体何を歌っていたのか、微塵も思い出せません。
これもアッラーの思し召しです<こんなところで使うなwww

とにかく上下白スーツにソフト帽+サングラスが素敵だったよ!ということで。

●カモメに恋し、波にのまれる

そんな素敵なイケメンくんらがサングラスを外し、本舞台へ向かいます。
そこは海で、彼らはカモメ達と戯れます。

カモメA役のイチカちゃんがこれまた可愛かったです~(でれり)
確かユーヒくんとペアで踊るところがありまして、「うわあ、これ新しい化学変化!」と思ってワクワクしていた私です。
ほら、私はディナーショー未見ですので、ユーヒくんと花娘ちゃん達が絡むところを見るのが初めてなんですよ。だから「こういう組み合わせもイイ!」とか新しい発見があって、非常に楽しかったです。
リフトもあって、見ごたえ充分でした。

で、カモメと戯れるイケメンくんでしたが、
その内に青い海さん達が現れます。
プログラムには「青い海とたわむれるアミーゴA」と書かれていますが、
私、どう見ても海が男を翻弄しているようにしか見えなかったのですがwww

…ま、たわむれるって言っても色んな意味があるからねぇ…<ヲイw

これまた結構、海役のえりたんが意地悪な顔してたんですよ(笑)
良い意味でね。
えりたんって笑顔は飛び切り良い笑顔だけど、時々こちらがドキっとするような顔してくる時ありません?
小悪魔とは違う、意地悪な表情…こちらを試してる様な。
なので、思わず青い海×アミーゴAさんというお話なのかと…思いましたよw

●船って

燈台守姿のMさんを見た瞬間に、ロマンチカの映像を思い出しました。

私はあの舞台を生で観ていません。
ですが、星組生であったMさんに恋した私にとっては、例えDVDの映像しか見たことがなくても、とても思い入れのある作品です。
そして船というキーワードには敏感になってしまうのです。

なので、燈台守のMさんを見て、あの可愛かった一等航海士くんがこんなに立派に…!と思ってしまいました。
ううう、ニクいことしないでよ、草野センセ!とまたも涙腺決壊を堪える私。

の前に現れたのは、なんとまぁ可愛いピンクのアヤネちゃんでした!
私、なんだかいつだってアヤネちゃんに救われてるような気がする。

Mさんはその後お着替えタイムに入りまして、なんとビックリ黒燕尾に。
いつの間にこんなに黒燕尾が似合う様になったんだ!と見惚れているうちに、場面は紳士淑女のパーティーに。
しかしどうも様子がおかしいwww
まっつの歌もどうなっているのか私には理解出来なくて面白いwww
(亡霊が歌う歌ということで、あんな不思議な歌になってるのですよね。)

ここは見た目は格好良いけれど、内容はコミカルで楽しいです!
まさにMさんのお笑いパワーを発揮できる場面なのでは?とワクワクしてしまいます。

最後にアヤネちゃんがセリ下がってからの、シェルとのやり取りがかんわいい!!!
暗転前のポーズとか反則だから!!!
コメディエンヌ力、発揮しすぎだからwww

●イメージは竜宮城

えりたん達が「うー!まんぼー!」的な衣装とノリで(超てきとーな言い方だなw)海の底のお話をしていたと思います。
舞台は真っ暗になり、カウントを取る声と銀橋に人の気配が。
灯りがパッとつくと、眩しい衣装に身を包んだ皆さんが!
特にMさんとユーヒくんの衣装がゴールド系なので、まんまと目をやられてしまった私ですwww
でもこういった演出は心躍りますね!!楽しい!

ここは色んな人が歌いついでいってた気がします。
色んな子が見れてお得な気分です。

で、確か紫のお衣装にお着替えしたMさんとアヤネちゃんがデュエットダンスを踊っていたような…二人ともとっても綺麗で素敵だったなぁ~。
特に素敵!と思ったのは、奥のセットに二人が登場したときです。
あの時のポーズがすごく素敵でした!うわあ!ってなった!

そしてあのラサロさまの衣装に身を包んだえりたんが現れ、ロケットへ突入します。
すんげーキンキラの衣装に身を包んでいるえりたんという光景に心躍りました…!
いやステキングだけれど!でも腹筋がちょっと痛くなるけど!<コラコラw
いやぁ、えりたんにはほんと癒されるなぁ。

●またも化学変化!

場面は砂浜へと移ります。
白い衣装に身を包んだカップルが3組現れ、踊ります。

ここでユーヒくんは舞城のどかちゃんと組んで踊られるのですが、またもや新しい化学変化を見つけて楽しかったです!
ユーヒくんは外見が(いい意味で)非常に男役でいらっしゃるので、可愛い娘役ちゃんと組まれると非常に楽しくて仕方ないのです。特に花娘ちゃんは可愛い子が多いし、色んな系統の娘役ちゃんの宝庫ですから。
ここはやっぱりダンサーののどかちゃんと組ませましたか、ほほう…とじっくりと見ていました。
とてもシンプルだけど爽やかで、気持ちの良い場面でした。


●好きでもなく愛してるでもなく、愛しいと思う。

前場面の清々しい気持ちも一転してしまうこの場面。
まさかショーでも泣かされるとは思いませんでした。

アヤネちゃんとMさんが銀橋に来て歌ってると思っていたら、
「やや子が~♪」とな!?
なっななななんですとう!?
べっべつに赤面なんてしてないもん、してないもーん!!!とか
ほ、ほうほう、二人はそういうご関係であらせられるのです…ね…とか
一瞬にして色んな感情が駆け巡り、まぁその

赤面していたんですけど<言っちゃったw

そしてMさんが銀橋でのんびり寛いでる内に、舞台は嫌~な展開へ。

いかにも、といったチンピラ風のえりたんが現れ、
こともあろうに身重のアヤネちゃんにちょっかいをかけに来ます。
危ないところでMさんがやっと戻り、難を逃れるのですが、
ここからMさんとえりたんの喧嘩シーンへと突入します。
アヤネちゃんも逃げると思いきや、Mさんが心配でハケてくれません(´・ω・`)


っていうか、身重のアヤネちんなんて硝子細工よりも壊れやすい存在だよ草野センセ…!
わかっていても泣ける展開を作らないでえええ!!!

結局、捕まったアヤネちゃんを助けようとして、Mさんはナイフをその身に受けてしまうのです…。

ここでセリ下がるMさんを見て、「行かないで!」って思ったんです。
今思えばショーの中のお芝居じゃんって思うことも出来るんですが、あの時の私はあれを非現実のものだと思って見てなかった。
無性に「置いてかないで」って思って泣けて仕方がなかったです。

思えば、宙ファンタジスタでも同じ様な場面があったのですが、
宙組のそれでは泣いたことが一回もなかったんですよね。
(まぁ、あれは宇宙がテーマで非日常的だったからかもしれませんが。今回のは割とリアルですからね。)
それは恐らく私のMさんに対する感情と、Yさんに対する感情が少し毛色の違うもので、ベクトルが全く違うものだからです。
私がYさんに向ける感情というのは、「好き」とか「格好良い」とか「可愛い」とか「オモロ」とか、いわゆるアイドルにキャーキャー言って楽しんでる状態と同じものなんです。
それに対し、Mさんに向ける感情というのは、一言。

「愛しい」、です。

Mさんに関しては、好きとか可愛いとかいう感情を通り越してしまったというか、
最早自分の一部として捉えてる部分が(おこがましくも)ありまして、
自分からスキスキ!キャーキャー!と感情をぶつけるのではなく、
あの人の全てを受け入れたいという気持ちでいっぱいなのです。

だから、例え舞台上のこととはいえ、あの人がいなくなってしまうという状況に涙腺が耐えられなくて、お願いだから置いてかないで、私からあの人をもぎ取らないで!ということを思ってしまいました。

ここからあんまり記憶が無いですね…(笑)
涙腺壊れるとダメですな。

●さあ、お手をどうぞ?

で、デュエダンですが。

赤のお衣装でしたね!

どんな雰囲気かな~と思っていたら、割とアダルトな感じで、二人ともちょっと挑発的だったようなw
こういう二人も新鮮でいいですね!

振付にMさんがアヤネちゃんに向けて「お手をどうぞ」とするのがあるんですが、
そこのとこの表情が、Mさん、だいぶ意地悪な表情出来るようになったな~と思いましたw

や、本当の意味で意地悪っていうんじゃあなくって、
「すっとした顔」というんでしょうか。

しれっとした顔が上手くなった。

うん、これだこれだ、この表現だ。
「お手をどうぞ、姫?」(しれっと)的な表情をしてましたよ!!

もちろん可愛くて優しくてオモロなところも魅力ですけどね、
それだけだったらつまらないじゃないですか。
女性ってのはいつだって欲張りで、
優しくておもしろくて格好良い人が好み!っていうけれど、
本当はそれだけじゃ満足できないんですよね(笑)

いつの時代だって、
女性は強引にさらわれるのを夢見る
お姫様なのですよ!


(…自分で書いてて赤面www)

だから、時には強引に出てほしい―と私は思います。
色んな面がある程、魅力って増す物だとも思いますし。

●フィナーレ

これまたフィナーレがえらいことになってました!

み、みんなの衣装がジーパン生地になってて、えええええ!?と思っていたらどこぞのバンドメンか!といったえりたん達が楽しそうに歌ってらっしゃったのでビックリしました。

あーれは何と形容したらいいもんなんでしょ?
ロック?でも髪型はレゲエっぽいですよね?(笑)
くみちょーさんがめちゃめちゃ似合ってて素敵だったわんwww

アヤネちゃんとMさんは白のお衣装でした。
とっても綺麗でした!
けど、またもやあまり記憶が…ない…(やっぱり号泣してたんかい!)

とにかく、個人的に楽しめるショーだったんで楽しかったです!
次回はちゃんと歌を覚えれるようにしたい。








2008⁄05⁄12(Mon) 01:50   花組 | | | ↑Top

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。