今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
「様」はいらない。



どうもどうも。お久しぶりです…
(あまりにも更新が疎かで内心ビクビクな登場の仕方)

一日遅れになりましたが、高潔なアラブの戦士さんに会ってきました。



何故に文章が淡々としているかというと、芝居・ショー共に
号泣しすぎて疲れきったからです。

そんな私の涙色な感想で宜しければどうぞ。

ネタバレ無理っすよ!ムリムリ!な方はここから進んじゃいやんです。







●お芝居とMさんについて

宝塚でこんなに号泣したのは初めてかもしれません。
それは、多分わたしの余計な感情が入っているからかもしれないんだけど。

…っていうか絶対に私がMさんを好きなせいですけど(笑)

それというのもですねぇ、
トマスさんがほんっとうにMさんにアテガキされたような人物なんです。

もろMさんなんです!!!

いや、ハヤブサの目をもってるとかそういうことじゃなくって!<当たり前だ!
これは見てもらうとわかると思うんですが…
た、たぶん私だけが思ったことじゃないと思い…ます(何故に弱気)

うー…上手く纏めらんない…
ちょっとぐだぐだ言ってもいいですか?

まぁ各所でMさんぽいなーと思うところはあるのですが、
特にそれを強く思ったのが、みわっち演じるドナルドが独居房に訪れるシーンです。
自分は処刑される身であるにも関わらず、自分の為に苦悩している友人を思い遣るトマスさんが、本当に暖かくて…泣けて泣けて仕方が無くて。
自分の為じゃなく、人のことを思い遣れる。
私が自分の心の中で思い描いているMさんというのは、正にこういう人で、自分から前に出ようとするんじゃなくて常に周りの人のことを考えているというイメージなんですね。
(あくまで私の中でですよ)
で、それって日常生活の中ではとっても素敵なことだけれど、言ってみれば「普通」ではない世界…そういう煌びやかな世界では所謂「身一つ状態」になるわけですから、時と場合によっては紙一重なんですよね。
これもあくまで私個人の考えと言ってしまえばそれまでなんですが。
そういう個人戦よりも調和を大切にする印象が、実は私の中で少し不安材料にもなっていたわけです。(もちろんそんなところが大好きでもあるんですけれど。)

でも今回のトマスさんを見て、「これはMさんにしか出来ないトマスだ」と思いました。

血が通っていて、熱くて、ほんとイイヤツで。
ばっかみたいにイイヤツで。
そんなにもがき苦しまなくていいのに、もっと楽チンな方に逃げたらいいのにって思うくらい誠実な人で。
この人を救ってあげたいなと、そんなことをただひたすらに思いつつ号泣するという(爆)

調和、誠実さがMさんの持ち味であり、強烈な個性でもある。
改めて考えてみると不思議なスターさんだなぁと思います。そして同時に素敵だなとも。





ぐだぐだすぎてすみません。

●お芝居のセット等について

ENAKさんでもお写真がUPされておりますが、
お芝居のオープニングからキンキラキーンのキーンで御座います。

某宇宙の王子さまの影響で金やシャイニーなカラーに免疫がついてしまった我が身には、結構好印象を受けました。
(あ、でも始まった当初は「どこのショーだよ!?」と思いましたが…)

いやしかし豪華ですなぁ!!!
舞台上に小型のピラミッドが見えた瞬間になんとなく
「あれは…(まさか…)」と思いましたが、
まさか本当にパカーンと割れちゃうとはwww

あれでMさんがセリ上がりでなかったら、私は間違いなく彼を
「ピラミッド王子」と名づけます。

(掛け声はもちろん「ホルス!ホルス!(゜∀゜)」で。)
(うわあちょう内輪ネタすぎるwww)


●ツンデレイブラヒム

そして今回から(大劇)花組デビュウのユーヒくんですが、
見事なツンデレっぷりを披露してくれました。

エジプト太守の長男ということもあって、まず笑顔をあまり見せない。
何より自国のことを考えて行動するという人物ですが、
トマスのこともトゥスンのことも好きなんですよねぇ(笑)

トゥスンの初陣が決まったことも、わざわざトマスに言いに来るし、
(本人はクールな顔してますが、こっちはちょっと恥ずかしいw)
何だかんだ言って二人のことを放っておけないのでは?と。
男兄弟がもう1人増えたって感じ?

こう、あれですよ。

「…トゥスンはまだまだ子供っぽすぎるからさ、
俺、好きなブランドとかバイクとかの話出来る弟、欲しかったんだよね」

(あくまでクールに)

的な!?(゜Д゜)<誰に同意を求めてる

まぁ気持ちはわからないでもない。
だって、トゥスンくんはハーレムのいじられキャラだものwww
お母様ったらあ!って拗ねてぷーってなってナンボだものw

●みんなの弟、トゥスンくん

そんないじられキャラのトゥスンくんですが、
とにかくにこにこにこにこと可愛いキャラです。

最初は明るい人かな?と思ったんだけど、
仕草や立ち振る舞いが可愛らしい、典型的な次男坊くんです。
あんまり可愛いので、こりゃあイブラヒムも大変だろうなと思った(笑)

トゥスンの台詞に、兄上に諭されたときにいつも「全てはアッラーの思し召しだ」と言われてきた等というのがあるのですが…私の想像では、二人がめちゃんこ幼い頃から言われてそうだなーとww
2・3才ごろから既にアッラーの思し召しを行使する兄www
それも超クールにwww

弟「お゛に゛いぢゃーーん゛!!びえーーん!!」(全力で駆け寄ってくる)

兄「…全ては神の思し召しだ。」(それを遠いところから遠い目で見てる)


あ、あとトゥスンが「僕は戦士としての素質がないんだ」と愚痴をこぼしてしゅんとしていた時に、トマスさんが言った「ほら…!君には人間性がある!!」等の台詞に、そっそっそれフォローになってないからトマスさんっ…!と盛大に心ん中でツッコんだのは内緒です。
いやそれ大事なことだけれど、彼は戦士としての評価を望んでいるわけで…と思っていたら、なにやらトゥスンくんがとても喜んでいたので(爆笑)(いやもうほんとに可愛いなぁコイツ!)それはそれでよかったんだと思います。

余談ですがここの場面でMさんがえりたんの肩に手を回してて、ちょっとドキっとしたのも内緒です。
(この二人ほんとに可愛いなぁ)

そして踊ってるところがあまりにも星組のノリで(爆)花組にも新しい風が吹いてんなー!と思いましたw
花には珍しく、THE!男祭り!みたいになっています。
いっそのこと皆の衣装をハッピにしてもいいと思うくらいです<よくない!


●妹の名は…

私ね、ほんっとうにMさんの相手役さんがアヤネちゃんで良かったと思いました。
すごく自然にMさんの隣に寄り添っていてくれて、安心しました。

相手に合わせて、さり気なく存在する。
それってすごく難しくて、でも娘役にはとても必要なこと。
もちろん本人の頑張りもあるのでしょうが、本当に器用にやってくれているというか…なんか偉そうなこと書いてしまっていますが…とても嬉しいです。ありがとう。

まぁ、私がアヤネちゃんを大好きというのもあるんですが(デレデレ)
だって可愛いんだもんー!!!

開演前にプログラムを見た時点で「自分を兄だと思って欲しい」という文字に泣きそうになったんですが、(早すぎだろww)さすがにそれでは変な人になってしまうので堪えました。

だってー!
マトアヤに兄妹ネタは反則でしょー!?
いや、わたしジゴロさんの憂鬱を見なかった不届き者ではありますが、それでも話聞いた時はあまりにもハマりすぎて驚愕しましたもの!話聞いただけで、想像しただけで涙腺決壊だもんそれ!!
(落ち着けどうどう)

ですので、奴隷になってまでトマスの傍にいたいというアノウドのひたむきさと、それを理解出来ないトマスの苦しみが…泣けて泣けて。
自分がお国柄?あまり宗教に関心がないので、全然知識がないのですが、宗教が違えば結婚出来ない人々もいるのですね…。これはお芝居の話の中のことだけど、現実にそういう人々がいるんだって思うと悲しいです。


それはともかく、アヤネちゃんに「ご主人様」という台詞は
谷センセ!?と思った。
だだだダメです。あんな可愛い子にちょっとばかし前に流行った言葉を言わせちゃいけん。
思わずメイド服が見えたじゃないか。<お前が腐ってるせいだ☆


とにかくもう泣けます。
お披露目にこの芝居はどうだろう?って思う方もいらっしゃるとは思うのですが、
私としては嬉しさの方が勝っています。
あんなにMさんらしい人物を当てて下さったことに感謝しています。
それに綺麗なお衣装も何枚も着せて頂いてますし(笑)

ついつい長くなってしまったので、ショーの感想はまた後日に!

ぐだぐだ文ですみません!

あ、言ってなかったですが(遅すぎですが)改めて。

Mさん&アヤネちゃんお披露目おめでとーう!(叫)







2008⁄05⁄10(Sat) 23:44   花組 | | | ↑Top

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。