今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
少しは落ち着けと言ってあげたい(自分にも。)


宙公演、観てきました。

風邪薬のせいで、あまり的確に文章を書けていませんが、
それでも宜しければどうぞ。

まずは芝居の感想からです。


●まず芝居内容について思ったこと

石田先生の作品についてはもう慣れているというか(笑)、
そういうものだと思ってみているので拒絶反応はなかったです。
個人的に石田先生の作品はそんなに嫌いじゃない。
大好きかと言われると困るのですが…。
ゆる~い空気の中にもピリッと締めるところもちゃんと用意されているのはわかるので、それは好きです。

ただ、今回のお話(特に前半部分)はちと難しかったです。
題材にしているのが難しいから仕方ないのですが、
社会が苦手だった人間にはちんぷんかんぷんです<もっと勉強しろよ!

そして小難しい説明台詞を言わされる生徒さん達に同情…。
そりゃ台詞もかむってwww


●代役の人達について

正子が最初に出てくる時に、歌を歌いながら出てくるんですが、
その姿をオペラグラスで見た瞬間に鳥肌が立ちました。

たっちんの歌と芝居の上手さは前々からよく知っていたのですが、
なんかこう、そんな文字では表せないくらいの何かを纏っていました。

あの子はただ歌が上手いだけじゃない。
彼女が見つめる先には「白洲次郎」という人の姿しか映っていない。
彼はまだ舞台上に出ていない。
周りにはたくさんの客や芸者がいるというのに、
その誰をもたっちんの瞳には映らないのです。
一種の狂気とも取れるような眼差しは、たっちんの実力のほんの一かけらでしかないような気がします。
彼女の底は、計り知れない。

外見のみで言うと、そりゃあトド様とは学年が離れすぎているので、
幼く見えるのは仕方の無いことなのですが、
その離れた距離を、彼女なりに芝居度胸で頑張って埋めていっているんだと思います。
今すぐ大人っぽくなれと言われてもそれは無理な話ですが、
公演を通してぐんぐん成長していくんじゃないでしょうか。
というか、それが楽しみでならない。
たっちんはね、伸びるの早そうなんだよね(笑)
でもほんとにしっかりと自分の仕事が出来る人だと思いました。素晴らしい。
キャラ的にも合ってるし、ツンデレだしwww

吉田和子役の藤咲えりちゃんも良かったですよ!
宙組も可愛い娘っ子が多くて良い組です(何それ)
そんなに出番が多い役ではないのですが、台詞は割とあって、
娘役の中では印象に残る役ですね。
もっとよく観たかったんですが、なにぶん初見にてあまり追うことが出来ませんでした。。
また今度チェックしてきます~。

●白洲次郎

こんな考えの人が戦時中にいたなんて、信じられません(笑)
今から考えてもすごいなぁという言葉しか出てこないっす。
時代の最先端すぎて、凡人には彼の考えが理解できなかったんだろうなーと思いました。

トド様は相変わらずの圧倒的な存在感で、とても格好良かったです。
これ当たり役だろ!?というか、こんな素敵な生き方をした人間を、トド様にやらせることがもう粋だよ!と思いました。
粋すぎる。あの人狂犬すぎる。
でも奥さんの前になると心持ち腰が低くなるところが可愛くて笑える。
そしてジーパン姿に見惚れた。何あの美脚!客席もそりゃあザワつくわ。

●マッカーサー

……なんであのひとはあんなしぶいいしょうなのにぴっかぴかにひかってみえるんでしょうねええ……。

私、もう末期で目がおかしくなったんだと思った。
マッカーサーの周りだけなんか変なピカピカしてる物体が飛んでるように見えたんですけれど…。
あんな糞地味な衣装(いや別に衣装が気にくわないという意味じゃない)を着ているのに、それを着こなせちゃうっつーか足が長すぎなのが目に見えてわかるっつーか、とにかくあの人が格好良くみえちゃうのはどうすれば…いいのか…。

あ、パイプは普通のコーンパイプとマッカーサーパイプの二つを使ってましたね!
そしてサングラスー!!!
ニヤニヤしながら観てました。変態ですんません。
ジーン(あさひちゃん)との相性も抜群です!
この2人の組み合わせも大好きなので、(あの2人ってなんか同じカテゴリ内の人よね)もっともっとチェックしていきたいと思います。
そして芝居的にはマッカーサーが一番オイシイ役ですよね。びっくりした。

Yさんのマッカーサーは、日本のために熱くなれる人なんだね。
そこがすごく好きだ。
日本のことを大事に思っていてくれるのが心地良かったです。
解任のシーンではぐっときました。
客席のすすり泣きも聞こえた。


●辰美英次

今回、一番ドキドキハラハラしたのがこの人(笑)

この人あからさまに軍人気質の人で、熱すぎるというか固すぎるというか真面目すぎるというか、とにかくちょっと落ち着いて物事を見てみようよ!と言ってあげたくなる人なのですが、
途中でグルーパー中佐(ともちん)と喧嘩になるところがありまして、
あまりにも喧嘩が白熱するものですから、「もしかしてこの人死ぬんじゃないか!?」と非常にハラハラしました。

ま、結果そんなことはなかったんですけれどww
でも、何だかあの人が自分から彼岸へと進んでるように見えてたんですよう!
だってあの人なんだか色んなことに情熱的すぎて、自分を省みないところがあるようにみえるんですもの!
その情熱、少しは自分のために使えよ!とか思っちゃうんですもん!!

あの喧嘩の最中、「誰かあの人を止めてぇぇっ!」と乙女ちっくなことを考えていたにも関わらず、
もう1人の私は
「今すぐアイツの頭をはたきに行け!」
という指令を出していました<少しはお前も落ち着け。

特攻隊のダンスは、銀のお衣装で踊るんですが、
あの衣装って体のラインが浮き彫りになるので、
思わぬところでご馳走様ですって感じでした。<ちょっww

相変わらずRさんはいいお尻をしています。
野球選手みたいです。
(もう口を慎め…!)(誰か賛同してー)

あと気になった点は、頭はいいのに中身が熱いので動きが無駄にカクカクしているのがRさんらしくてちょっと笑えました。いや好きなんですけど。大好きなんですけど。
普段っぽさが見えるラモンみたいなやんちゃ系も好きですが、
こういう頭の良さそうな役を演じるRさんも大層好きなので、
実に楽しかったです。
なんかマラケシュの狂う前のギュンターさんを思い出しました。
あの人も頭がキレそうな人だったもんねぇ。(でもイっちゃってる系だけどねアレはw)


えと…これくらいでいいですか…?
すいません、やっぱりいつもみたいに上手く文章が打てない!(T_T)
早く風邪を治して元気に文字打ちしたいです。










2008⁄02⁄10(Sun) 21:57   ├黎明の風/Passion | | | ↑Top

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。