今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
その目は、常に高みを目指す


続きまして全ツすっしーホルへ&ミゲル、
全ツマルガリータ&ローラ、
全ツドン・ファン・カルデロについての感想。




●ホルへ&ミゲルについて

全ツのすっしーホルへとミゲルくんについてですが、
この2人もなかなか私の妄想力をくすぐってくれる人々でした。

何故かというと、すっしーホルへさんを一目見た瞬間、
潮のかほりがしたからです(真顔)。

(はい今可哀想な人、て顔した人挙手してー)

それはさておき、ホルへの設定。
彼はフェルナンド父の暗殺の手配をし、その代償で小役人から側近へ出世、
そして賞金を得るわけです。

しかし私は思う。
すっしーホルへが、そんな小さな器ごときに納まるだろうか?と。

明らかにキレ者の彼は、すんなり側近になるだろうか?
いや、きっと彼はバレンシアに襲撃に来た海賊船と戦い、数々の手下達の剣を潜り抜け単身乗り込んで行き、船長と死闘を繰り広げた過去があったはずだ(真顔)。
そしてあの眼帯は、その時できた傷跡なんですよ!
船長にやられた傷なの!

で、船に単身乗り込んでいった彼を皆が心配するも、
船はバレンシアを出て行く。

ホルへは殺された、と皆が悲しみに打ちひしがれ、
バルカとカサルスは毎晩酒場で飲み明かし、ルーカスは一人自宅でヤケ酒(彼は自分の弱いとこを他人に見せたくないタイプ)をし、約半年が経ったある日。

あの海賊船が再び現れ、その船頭には悠然と佇むホルへの姿があったのです。
(BGMはぱいれーつ・おぶ・かりびあんで)

船長と拳で語っちゃったホルへはこの船の参謀にならないかと誘われ、
期限付きなら、と了承したのです。
そしてその時に下っ端の船員だったミゲル少年と出会い、行動を共にするわけです。(ミゲルは自由に行動することを許されているので、船に戻ったり城に戻ったりしている)
(いわゆる情報屋さん)(そしてナルシス系)

ミゲルくんはやたら楽しそうにナルシスポーズを取られていて面白かったですよ。
あの子、人生(色んな意味で)楽しんでるんだろうなーと一目でわかるニヤリ笑いをしてて、気になる存在でした。
…そういやミゲルって最後どこ行ったんだろう?あれ?
船に戻ったのかな(それは妄想だから)

●マルガリータ&ローラについて

まずマルガリータですが、いやもうすっごい可愛かったです。
ちょっと触れると壊れてしまいそうな硝子細工のようなマルガリータに、
YさんやRさんだけでなく、みんながメロメロになってそうです(爆)

たっちんの芯の強い、貴族の娘であることを誇りに思ってるマルガリータも大好きでしたが、天咲千華ちゃんの少女らしい脆さと背伸びしようとして頑張って相手のことを思いやっている健気な姿もすごく好きでした。
物語的にはフェルナンドとマルガリータはこのくらい年齢が離れている方がわかりやすいかもしれません。
恋人と呼ぶにはまだ早い、名前通り「許婚」の2人。
あの2人、おそらく手も握ったこと無いと思う!

そしてローラのすみれ乃麗ちゃんですが、エル・パティオの看板娘ならぬ看板妹と呼びたくなるくらいの「みんなの妹」といったカワイコちゃんでした。
でもそこは流石に元ワルの兄貴を持つ子らしく、手加減という文字は私の辞書にないわ!といった男前なお嬢さんでした(爆)

●ドン・ファン・カルデロさんについて

気障ったらしいドロボウさんでしたよー!(笑)
いやほんと、それが感想として一番に出てくんの<ヲイ
ちょっと時間が経ってるから曖昧ですが、「仰せの通りに」の時の
手つきったらワザとらしすぎて悶えました(爆)
ていうか、むしろあの人が道化かとw

ビジュアル面ではやっぱり好みのタイプですー。
パーマも似合ってて、顔もちっちゃくって、んでもって可愛い。
ただちょっと好きすぎて見てるとワトソン君を思い出してしまう時があり、
無意味に吹き出しそうになってしまうのが悩みの種です。


演技に安定感があるってのも、ちくと困り者ですな(100%お前の妄想力のせい)


●その他の人々たち。

舞良ちゃんの代わりにファニータ役になった鮎瀬美都ちゃんがたいそう可愛かったです。オレンジの衣装似合う!
舞良ちゃんに会えなくて寂しい私の心を充分に癒してくれました。

ディエゴ(一人放置プレイされる兵隊さん)のGOくんが、
その才能をいかんなく発揮されていました。

博多座でスライディングしただけあって、コメディセンス抜群。
間の取り方が上手い。

以上。







2007⁄11⁄28(Wed) 23:06   ├バレンシア/FANTASISTA! | | | ↑Top

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。