今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
その笑顔は世界を救う。


皆様お久しぶりです。


実は。

月組さんに会いに行ってきました!(笑)
というわけで先に月組の感想をさらーっと書いておきます。




実際のところ「あそこに行っても宙組のみんなはもういない、その状況に耐えれるのか」
そういう不安があったんですよ。
(いやだわネガティブな人って)(常にマイナス思考です)

や、まあ客席にいると公演を思い出してしまうんですけど。
けどそんなことを一瞬にして忘れさせてくれるくらい楽しかった。
そう、わたくしの様なヅカファンのひよっこが申し上げれることでは無いと思うんですが、
それでも言わせて頂きたい。

月ファンは今すぐ劇場に行け!

それくらい純粋に楽しめる公演でした。
ほんっとーに、心から楽しいと思える公演なんて久しぶり…い、いえ何もゴホンゴホン。

●まほろば

どんな感じなんだろな~と思ってたものの、
自分的には基準点をはるかに上回ってる作品でした(偉そうに)。
ふつーに綺麗だし、楽しいかどうかは…
ま、楽しいの部分はあとの芝居にまかせるとして、
普通にちょっと感動してしまいました。

うーん、なんだろなぁ。
やっぱり月のみんなも大好きだなぁと思った。
(てすごくチープな言葉になってしまうんだけど)

皆に言えることだけど、特にアサコには笑顔でいて欲しいなぁと思う。
私はすっごくアホというか低脳な人なんで、好きな人が笑顔だと単純に嬉しいし、
好きな人が泣いていると見てるこっちまで悲しい。

アサコの傍にかなみんがいて、きりやんがいて、ユーヒくんがいて。
そんな当たり前のことがずっと当たり前であってほしいと強く願います。

・セナアサコさん
この人も何着ても似合うよねぇ…。
特に白いお衣装が抜群に似合っておいででした。
「若!」って呼びたくなる(笑)

キンキラの傘を持って踊る場面では、その傘に負けないくらいのキラキラの笑顔で踊っておられ「若、流石だな!」と思いました。
あの笑顔をずっと見せてください…!(告ってるよこの人)
この笑顔があったからこそ、後の場面がつらいです。
オトタチバナ(かなみん)との別れ、サルメ(きりやん)とサダル(ユーヒくん)の死…と意外と壮絶な場面を見せられてしまい、

あの子から大切なものを取らないでえぇっ!
と少々叫んでしまった(心の中で)(当たり前です)

・キリ&ユヒ

2人はぷりきゅあの如く(笑)おそろいちっくな衣装&行動を共にするその姿を微笑ましく見てました。
そして常に若を警護。その姿も愛おしい。
第2場では銀橋に出て神様たちを紹介していきます。
銀橋での滞在時間がかなり長かったので、前方席はお得ですよ☆

で、噂の女装ですが…
おいら的にはサダル子ちゃんが好みでした(元からの好み過多)
結構巨乳ちゃんだとお見受けしましたが…
えーと上手がサダル(ピンクの服)、中央がオウス(金?だったかな)、下手がサルメ(オレンジ)です。
月男役たちを誘惑していきますが、ここの男役さんたちも濃くて熱くて(笑)素敵でした。
でも一番顔で誘惑していたのは我らが若だったような気がします。

・かなみん
かなみんの和物?のお化粧を見るのは初めてでした。
故に一瞬気を抜くと「ど、どこ!?」と見失ってしまう時もありました(でもすぐわかるんだけどね)
今回はロングのストレートカツラを多用しておられ、とってもビューティー☆
美しかったです。
海に身を沈める場面では、ただ美しいだけではなく何か神々しいものも感じ、色んなものを表現出来る娘役さんなんだなぁと。
上手くは言えないんですけど、かなみんだからこそ発せられる純粋で、そしてとても強い光のような。
とても清らかだけど、何もかも打ち砕いてしまうような硬質な光。
かなみんにはとても暖かい陽だまりも感じるけど、同時にすごくそんなところも感じるのです。

・萬・未沙・タキさんの神様コンビがかあわいい。
無駄に(失礼な・笑)セリ上がり多いけど可愛いから許す。
あの三人のマスコットを発売してください>歌劇団

・タキさん(アマテラス)が、本当に、あの、あのアマテラスなの…!(ふるふる)
まさかこんなところであのお衣装(アマテラスオオミカミ@ガイったん)に出会えるなんて思いもしなくって、すごく懐かしくって、思わず出そうになった涙をぐっとこらえました。
好きだったなぁ。私がガイったんに落ちたきっかけの役。
タキさんの髪飾りもステキだったよ。綺麗でした☆

・オオワタツミ(嘉月さん)がステキに格好良い神様で威厳ありありです。
おでこにしずく状の飾り?をつけてらっしゃっるのが印象に残っています。
今回の神様ズはみんなキャラ作りがしっかりしてて面白いです(笑)。

・オオヤマツミ(アヒちゃん)、シナツヒコ(そのかちゃん)を月組で初めて見たよ(笑)
あなた方はここにいたのですね!(遅すぎだ)
いえ私、パリ空を見ていなかったものですから…。
アヒちゃんは緑の衣装。やっぱり背が高い。目立つ!
そのかちゃんは両肩がら羽が生えてるお衣装で、なんとなく白い鳥のイメージ。ダンスで存在感ありあり。さすが。

・カヤノヒメ(あいちゃん)
緑のお衣装で(おそらく楊貴妃で使われてたと思う)、髪飾りも綺麗。
アダルトな美人さんでした。美人さんがきらきらした衣装をまとっておられるとウキウキします。
稲穂の場面ではアヒ・あい・マサキで踊ってます。
本当に手に稲穂(ちょっとキラキラしてた)のを持ってて、可愛かったです。

・ククノチ(マサキくん)
彼もちょっと気を抜くとどこにいるのかわからなくなり(笑)、でも頑張ってオペラで探しまくってました。
燃ゆる島の場面でもアヒ・そのか兄弟の後ろに踊ってます!
ここはマサキの鬼畜オーラが発せられてます。
ここは皆すごく熱い。マギーもすごかった(笑)
星組にも負けず劣らずの熱い月パワーにびっくり。

スピリチュアル・シンフォニーということで、異色なショーかなと構えていたのですが、意外と良かったです。
宝塚らしいショーを求めていらっしゃる方には100%満足というわけにはいかないと思いますが、舞台が好きな方は見て損はない作品だと思います。
電光掲示板を使ってはいますが、そんなに不快感は無かったです。
セットも簡素ながら小技を効かす使い方で(笑)飽きもこなかったし。
何より私はこういう神様ものが結構好きでして…神話とか。
コスチュームものも好きなので充分楽しめました♪

芝居の記事はまた別に書きます。








2007⁄08⁄05(Sun) 18:45   月組 | | | ↑Top

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。