今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
エリザ雑感


先日、知り合いのマダムがエリザを観たというのでお話したのですが、
開口一番「エリザって辛気臭いねぇ(苦笑)」でした。


うわあ、斬新な答え…!

すっごく面白かった。
ああいう普通の人の意見って、率直で簡潔ですごく面白い。
ゾクゾクしちゃいましたね。


さて、エリザ雑感です。



●水トート

トップ就任おめでとうございます!
かっこよかった。私、覚悟が足りなかったみたいです。
不覚にも(って失礼だろ)ドキドキしてしまったですーー。

特に昇天のシーンがすっごく良かったなぁぁ。
実はすごく良席な上にセンター付近だったんで、表情がはっきり見えて。
となみシシィに向ける眼差しがとっても素敵だった!
デュエットダンスが終わった後も、となみシシィに向ける表情があったかくて素敵でしたー。

水さんの眼差しがとてもあったかいので、素でトキメキましたよ!
久々に水さんにドキドキしてしまった…
(実はアオセトナ様で彼に浮気した前科持ちだったりする)

トートとしては喜怒哀楽が激しいトートだった気がします。
印象的だったのはルドルフがパパンに怒られた時(皇位継承は難しい~のとこ)に、水さんがあの「にぱっ笑い」をしていたことですね。
いやんもうこのトート愛しいわあ!と心の中で叫んでました。
だって、ほんと「やった!」っていう吹き出しを付けたくなるくらい嬉しそうな笑顔だったんだもん(笑)

びっくりしたのはドクトルセーブルガーの場面っすね。
あのコートびらびら演出…いいんでしょうか…。
トートの変態度がすげー上がったような…。
とりあえず笑いを堪えるのに必死必死!<おい


●となみシシィ

私、初めてシシィ目線で観ることが出来ました。
前の記事でも書きましたが、シシィの最後の心変わりがずっと理解できなかったのね。
何もかも拒絶して孤独に生きてきた彼女が、どうしてトートの元に行くことを選んだのか、
ずっとわからなかった。
でも今回、彼女のシシィを見てわかった気がします。
わかったというか…共感出来たのかな。
すんごく自分と重なって見えました。

自分のダメなところをわかってるのに、曲げられない。
曲げるくらいなら一人でもいいから生きる。
きっと彼女はすごく強くて、けれど愚かな人。
そんな印象を受けました。

バート・イシュルのシシィはもちろん笑いました。
かーわいいなー。もう!
ルキーニと小芝居してるのも可愛かった。


●ゆみこフランツ

歌声で存在感を表せれる人だな、と。
あの澄んだ歌声=フランツの誠実さとして出ていて、
ただ歌が上手い、だけで終わってないのが素晴らしい。
声を聞いただけで性格がわかる!って感じですねー。

役作りとしてはシシィ溺愛型(exガイチフランツ)では無く、
割と堅実派でしたね。けっこう冷静なフランツ。
ちゃんと皇族として生きてる人間っぽい。


●キムルキーニ

ルキーニとしては可愛くみえちゃう感じがしましたが、
それはしょうがない。だってキムが可愛いんだもんねぇ(甘)。

うーん、こちらも現実的な役作りだった気がします。
もうちょっと狂気割り増ししても良かったかも?
ただエリザ殺害のシーンはすごかったですけど(笑)
警官に抑えられるとこなんか、「うーうー」うなってましたもん!

あと、ミルクの銀橋でうっかりキムの舌を見てしまい、
無駄なところでどっきどきしてしまった私です。
(本当に何を見てるんだ、自分…)

ミルクが終わって皆が銀橋からハケる時に、
キムが舌で上唇をね、ちょっと舐める仕草をしていたもんで…。
あ、あの、席が良かったからね!
だからぐーぜんうっかりたまたま観てしまっただけで!!!

(でも一緒に観ていた妹は全然気がついていなかったという…)


そして食堂の場面でのマダム・ヴォルフとの絡み。

センターでぐわしっ!と音が聞こえそうな程に彼女の太ももを掴んだルキーニを見て、
何とも言えない気持ちに…(笑)
ずっと小さい頃から見てきた歳の離れた従兄弟の可愛い男の子が、
しばらく会わない内に立派な男になっていた…

そんななんとも言えない甘酸っぱい気持ちでした<おい


●かなめルドルフ

なかなか良かったですよ!
ちょっぴり不安もあったりしたんですが(すみません)、
期待以上でした!

というのも、役に合っていたんですねぇ。
ルドルフってエリザの中では不安定な役だと思うのですが、
それがかなめちゃんのちょっと押しが弱い不安定さと相まってすんなりと観れました。
そりゃもちろん本人の努力もあるとは思いますが、
役と同調していたことも好演の一つじゃあないかな、と。

軍服姿は似合ってましたよーー!綺麗でした。


あとはハマコゾフィーはハマコにしたら抑え目だな(笑)とか、
女官はヒメちゃんをどうしても観てしまう、とか
黒天使はせしるばっかり観てしまう、とか
せしるの眉毛がすごかったとか、
ミルク銀橋ではコマちゃんが近くて思わず見惚れたとか、
そんなところですかね。

あ、最後のダンスの水しぇんはどこのロックシンガーかと思いました(爆)








2007⁄06⁄15(Fri) 22:59   雪組 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。