今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
価値観の違い


もうかなり前のことになりますが(笑)、雪エリザの感想いってみます。
内容はエリザベートとトートとフランツの話。



以前、こんな話を聞いたことがあった。

あるところに一組のカップルがいた。
2人は相思相愛で結婚も間近かと思われたが、
一向にそうした話は出てこなかったのだ。

どうしてでしょう?

答えは「価値観の違い」。

こうしたことはよくあると思う。
芸能人が離婚する時の決まり文句にもなっている。

詳しく説明すると、男性の方はスキューバダイビングが趣味だったそうだ。
そしてここで重要なのが、その男性は一緒に趣味を楽しんでくれる相手を探していたそうなのだ。

まぁ、彼にとっては常に時間を共有してくれる人が欲しかったんだろう。
しかし困ったことに彼女の方は「まっぴらごめん」とばかりにスキューバを拒否。
「勝手に行っておいで。その代わり貴方の趣味には何も口出ししないから」
「でも、帰るのは私のところに帰ってきてね♪」
こーんな風だったのである。

結局2人は別れることとなるが…最近聞くところによるとまたくっついたようで…(笑)



で、雪エリザのシシィ・トート・フランツを見ててこの話を思い出したんですよ。

つまりカップルの男性がシシィ。
自由にしていいよ、その代わり自分のところに帰っておいでの女性がフランツということになる。

シシィが求めていたのは「帰る場所」ではなく、
「自分と共に歩んでくれる人」だったのではないだろうか。

だからこそ、最後にルキーニの剣(トート)を受け入れたんではないだろうか。

トートは最後に歌う。
「2人きりで泳いで渡ろうよ 愛と言う名前の深い湖を」


これこそが、きっとシシィの求めていたものだったんだ。



人を100%理解など出来ない。
けれど、少しでも理解したいと思うから人と人の繋がりは成り立っている。
だからこそ、生きていける。






ま、トートは人じゃあないんですけどね(爆)







2007⁄06⁄10(Sun) 21:50   雪組 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。