今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
君と居たソワレ




青年は、廃墟の中で探し続ける。

昨日まで傍にいた大切な人を。



(注:Mさんパソブの詩必読…)










昨日までここは生気溢れる場所だった。

人々が行き交い、あちこちで談笑する声が聞こえ、
空気までもが生き物かの様に空間を支配していた。

だが、魔法は解けてしまった。
華やかだった場所は一転、生気の通わない廃墟と化してしまった。


そして隣で笑っていた彼女も。


どんな女性だったか…

そうだ、確か白い服を着ていた。

銀の、ロケットを持っていたな。

名前が思い出せない…幸せ、という意味の名前…?



自分にとって、すごく大切な人だった。


周りから孤立し、他人が信じれない、
そして自分も信じれない状態にあった。

そんな自分の「ありのまま」を唯一見てくれた人。

そして自分の為に涙を流してくれた人。

自分と共に歩んでくれた人。


その存在が、どれだけ自分の救いになったか。



…だが彼女は今はもうここには居ない。

それでもただひたすら幸せを願っている。

彼女との道は別れてしまったけれど、
思い出は自分の中にあるから。



今となっては、名前も思い出せないけれど……













まとキホ









はい、お久しぶりです。

ずっと書きたかったPB話をUPしてみました。

パソブ知らない方には何のこっちゃわからん話ですが…
まあ要するにワタクシの妄想です(キッパリ)。

Mさんのパソブの最初のページに、詩があるのですよ。
内容的には廃墟で佇む青年が、今はいない愛しい人を思って佇んでいるっちゅー話です。

キホちゃんが退団してしまい、しばらく呆けていた1月にこの本は発売。
それでこの詩ですよ、当然キましたね。
痛かったですねー。読むとこ読むとこマイトラの話があるし。
痛かったけど、それほどMさんの中に良い思い出として残ってることが嬉しくもあり…


道は別れてしまったけれど、今でもこの2人が大好きです。

キホちゃん、本当にありがとう。




私の中で、

Mさんの隣にぴったり合うパズルのピースはキホちゃんでした。












2007⁄05⁄20(Sun) 01:52   花組 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。