今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
その為に私は… (花組公演感想)


「黒蜥蜴&タキシードジャズ」観てきました。
遠征から帰ってずっと仕事が忙しい上に観劇で、
わたし倒れそうです…(ぼんやり)
そんな重たい身体をひきずって行ってきましたよ。
なんたって久々のMさん。

遠征記事がまだ終わっていませんが、先にこちらを書いておきます。
初見なんでざっとしか書けませんが…個人的な感想ということで。




まず「黒蜥蜴」から。

意外と面白かったです
…というのも、私ってキムシン作品が苦手でして…
本質的には嫌いではないんですが、どうも表現の仕方にひっかかりを感じてしまうんですね。
舞台美術に魅力を感じないのも理由の一つですが…
確かにいくらセットが良くても、芝居自体がダメなら意味がないというのは理解できるんですが、変わり映えの無いセットに眠気を感じるのも事実なわけで…。
でも今回はまぁまぁ洒落ていたと思います。
特にホテルのセット。
エレベーターの様なセットが面白かった。
作品はー…斬新な演出だなぁと。
シニカルだなーと思いました。はい。

で、個人の感想はというと。
とにかくアヤネちゃんが可愛くて可愛くて可愛くて仕方ないんですが!!
私ってどうも「生のアヤネちゃん」に弱いみたいなのねぇ。
普段はフツーレベルの「好き」なのに、舞台で彼女の声を聞くたびにキュンキュンして仕方がないのですっ!
しかも今回ねっ!彼女のメイクが上手くなってたのに感動したの!!
アヤネちゃん、綺麗になってる~~!!
うたかたの恋は見れなかったけど、確実に彼女も進歩してるわけで、
もう嬉しくて嬉しくって。

しかも「舞台での声の出し方」もすごく上手くなってるの!!
ちゃんと緑川婦人になってましたよ~~。すごいなぁぁ。
きっとすごい努力してるんだと思う。

そうそう、この公演の「黒蜥蜴」はアヤネちゃんにしか出来ない役ですね。
見てハッキリわかった。これMさんじゃあ無理です。
最後の設定もそうだけど、「黒蜥蜴」の性質的にも無理ですね。
彼女の中には「黒蜥蜴」と「少女」の二つの部分があるので、
前者はMさんにも出来たとしても「少女」の部分はアヤネちゃんにしか無理だと思います。
その二つの部分が上手い具合にバランスが取れていないと、この話は上手く成立しないと思うんですね。
それがアヤネちゃんには出来ていました。
これがどちらかに傾いてしまうと、「黒蜥蜴」がヒロインではなくなってしまうんだろうなぁ。
彼女も「一人の人間」として書かれているので。

うーん、上手くまとめられません;
とにかくアヤネちゃん可愛かった(ヲイ)

●明智さん
今回のすみれちゃんはクールな感じで!
格好良かったですよ~~!!
で、変装も有りで(笑)
おじいちゃん役やってる時は、「天使の季節」を思い出してウケました(すみません)
なんであの人、おじいちゃんの声真似があんなに上手なんだろう…
素敵すぎる…!

●波越さん
えりたん、すっごい良かった。
彼の爽やかで誠実そーーな人柄が上手く反映されてる役で、
すごく馴染んでた!!
ぜんぜん浮いてなんかない!
もし浮いてたとすれば、「ヤーレンソーラン」と歌い出した時だけだ!(笑)
(注:早苗に「何か面白いことやって」と言われて波越さんがやったこと)
個人的にプロポーズの歌を歌うエリたんが似合いすぎててウケたりしてました。すみませんエリたん好きです大好きです。

●潤ちゃん
…って黒蜥蜴に呼ばれてるんですよ(笑)
私も呼びたぁぁーいっ!(やめろ)

どうしましょう、びっくりなことが色々とありすぎて…

・最初からヒゲ有り。
・酔っ払いMさん再び。その芝居、熟練の技を見てる様です。
・黒蜥蜴に告白するも、あっさりフラれる。ヘタレ。
・と思ったら早苗(葉子)にプロポーズ。

酔っ払いMさんはまさに神業です。
「離せーーオラァー!」とか何とか言ってた様な気がする…。
私、もうどうしていいのか…や、今日は席は一人だったのですよ。
妹も観に来たけど、彼女はサバキで見たので。
そんなわけで一人でもだえてました。
潤ちゃんフツーに格好良いのにヘタレすぎるんだもん(爆)
マイトラに続き、受け子なおどおどするMさんが見れて大変満足です。
すみません穿った見方しかできません(キッパリ)

でも雨宮と早苗(葉子)のくっつき方がちょっと強引だと思いました。
んーー、展開が早すぎるかも。
もうワンクッションあったらなぁ・・・惜しいなぁと思った。
2人の芝居は良いんだけど、くっつけ方がご都合主義的というか。
台詞も違ったら、もっと良いシーンになるのにな、と。

早苗(葉子)の台詞に「私、こう見えても固い女なのよ。まだ誰ともお付合いしたことないの」ってゆーのがあるんですが。
で、だから自分を信用して自首してくれ、出てくるまで待ってるから、
とゆー流れになるんですが。
私から言わせてもらえば、そういうのを自分から言う女こそ信用できねーんだよ!っていう感じでしょうか(笑)
だって、そうじゃないっすか?
そういう人は自分から言わないでしょー。
女の側から考えればの話ですがね。
そこがひっかかったなー…。

ショーについてはまだ現段階では感想は書けないかな。
一言で表すなら、華やかで大人なショーっすね。
上品な感じ。
オギーにしては明るい部類に入りますね。
で、今回もずっと流れが続いていく感じです。

なので、正直どこがどこだかわからない(苦笑)
1回じゃあ理解できません;
あ、イチカちゃんが可愛かった~~。
タランテラ!のシナちゃんみたいな使い方をされてました♪
Mさんはピンクのベストが似合ってて、可愛かった。
赤のタキシードの場面では格好良かったっす。

なんか、もう私なんかの手に負える存在じゃなくなってきたなぁ…
どんどん大きくなって、ちょっととまどいを隠せません。
ファンとしては嬉しいことなんだけどねぇ。

では、このへんで。




あ!!そうだ書き忘れてた!!!
ショーのどこかで、ジャンプくんがいました…!
これ、分かる人にしか分かんないと思うけど(笑)

説明すると「ソウル・オブ・シバ!!」のナイトクラブのシーンの、
オールバックMさんが再び!な場面があったんですよ~~~!


もうあれ、反則ーーー!!
オギーの馬鹿ーーーー!!大好きーーー!!!
思わずオギーに告りたくなりました。GJ!!

あれがMさんファンにとってどれだけ嬉しいか、わかっててやってるんだよね!?
もう、オギーってばニクいことしちゃってぇ☆
オールバックのMさん、以前より格好良くなってた。
ちゃんとオールバックが似合うようになってたよ。
個人的にはあの公演でMさん堕ちしたので、すっごい思い入れがあるんですよ。
だーかーらーー、もうさぁ。なんだか泣けましたよ。
ほんと、あの頃はまだ可愛い可愛いまとぶんだったのにね。
今ではどこから見ても格好良いおにーさんになっちゃってさ!
(何書いてるのかわからなくなってきた)

そんなわけで、Mさんファンには嬉しいこともありますよ☆という報告です(笑)








2007⁄02⁄11(Sun) 02:49   花組 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。