今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
さよならと再会と


BS2放送のネバセイを見てました(・∀・)ノ
懐かしいですねぇ~。まだ一年経ってないのにそう感じるのは、その後の日々が濃かったせいかと(笑)

しかし凄かったですね!!
何がって谷歌が!!いえいえいえ、何も!
ようか様とおハナ様のインタビューがあって嬉しかったです。
相変わらず2人ともかわいいなぁと正月早々でれでれしてました。
特におハナ様がとても可愛くって…あの可愛さは何!?魔法!?
2人のアイコンタクトもひたすらに可愛かったです。 




そんなお2人を見ててぼんやりと考えてたことがあるんですけど。
何っていうと、タカハナがタカハナであった所以。

お2人はただお互いを見つめることに長けていただけではなくて、
役者としてのお互いがとても好きで尊敬し合ってたんだろうなと。
もちろん人間的にも好きだったんだろうけれど、それだけでは無くて、
お互いに認め合っていたという事実が「世界に2人しかいない状態」を作り上げていたんだと思う。

好きなだけではダメ。
お互いに尊敬出来る部分がなくちゃ。

これって恋愛にも似てるよなぁ…(笑)
そんなことを、テレビと家族を見ながら思った正月です。
や、うちのオカン、男を立てないタイプなもんで…もごもご…

話は戻りますが、私的目玉はもちろん「おれのうまれはばるせろな」です。
あれを生で聞いた時は、今年の谷歌賞はこれで決まりだな!と思ったのですが、
その後にあの有名な「シャンゴ」爆弾がありましたからね。
あれがなかったら、確実にネバセイに決まってた。
(ていうか、そんな賞ないから)

色んな曲を歌ってらっしゃいましたが、やはり一番の聞きどころはあそこだなぁ。
なんだか酷いことばかり言ってますが、好きなんですよ(微笑)
最近、彼の歌を聞きたい病にかかってるんです。ここ、笑うとこぢゃないよ?
私の身体が彼の歌を求めているの…!(笑)←ああ、笑っちゃった

それは置いといて、あさひ嬢とのキスシーンは熱かったです。
生で見てても「ワーオ!」と思ってたんですが、映像でも激しく…
あれを何十回としてよく身が持つな>あさひ嬢
私なんて1回で失神だ。まちがいなく。

お花様とるいちゃんは最初のココナツ~の場面のドレスが綺麗。
るいるいの可愛さ爆発(ちょっと小生意気だけど)加減と、
お花様の折れそうな華奢な身体に目が釘付けです。
可愛い子万歳。
ひろし&十&七もイケメンで良い。
この三人はちゃんと見分けられるようになりました。良かった。
ようか様は相変わらず王子さま。
「さぁ~」の歌い方がとっても優しくて好きだ。

アヒちゃんは生で見た時は緊張してるのがビンビン伝わってたのですが、
映像で見るとちゃんと「アギラール」だったので一安心。
よく頑張ってたと思う。
コマロフさんが渋すぎてステキー!


久々に見たせいか、ちょっとグッときてる自分にびっくりしました。
作品は…専門用語使いまくりでわかりにくくて、主人公にも?な部分はあったりするのですが…そんなことを綺麗さっぱりどこかに置いといて、ただ純粋に懐かしいなぁって泣けました。
歳のせいかも(笑)


で、何が書きたかったかというと実はA/Lの話が書きたかったんですけど…
いつの間にやらこんな長文に!
怪盗紳士ルパンの本を読んでて、そのざっとした感想と配役予想をしたかったのです。
というわけで、また出てきます(^^;)









2007⁄01⁄01(Mon) 18:38   宙組 | Comment(0) | Trackback(0) | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL


| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。