今までありがとうございました!
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
燃えるスポット そこはハバナ!~コンチータ感想~


では、コパ(のコンチータさんの)感想でーす。

申し訳ないのですがコンチータばっかり見てしまうという、
思いもしない事態になってしまったので(笑)
感想も彼女メインになってしまいます;

それでも宜しければどうぞー。



最初は張り切ってオ●マ振付師のスキップくんを見ていたのですが、
コンチータが出てきた瞬間、釘付けに・・・!

初見を先に済ませていた妹から、だいたいは聞いていて、
あすか嬢は(黒塗りだし)ちょっと怖かったという感想だったので、
あんまり期待してなかったのですが・・・



・・・なんだよすっごい綺麗じゃんか・・・・!


いや、確かに宝塚の娘役としては少しキツすぎるかもしれんが、
悩殺系美女って役なんだしあれくらいやってくれた方が良くない?

っていうか、私はああいうのすごい好きだ!!


幕間の感想に、アジアンビューティーと書きましたが、
正確にはインド系美人さんとでもいう感じです。
黒塗りなんですが、そんなに違和感なかった。本当に。
私って黒塗りは正直嫌いなんですが(苦笑)、コンチータは本当に綺麗だった!

で、化粧もいつもとは違ってて、特に眉の書き方が「キリリッ!」といった書き方でしたー。
細くて上がり気味な眉でした。いかにもな感じ(笑)
で、目の周りはキラキラとラメが入ったお化粧で、口紅もキラキラしてましたー。

私と妹がいかに好みが違うかというのが、これでハッキリと証明できましたね(微笑)

さて、話を元に戻して。

コンチータとしての最初の場面(ナイトクラブにリコとやってくる場面)ですが、あまりに化粧が違ったため一瞬誰かわからんかったよ!

でもすぐに気付いて、慌ててオペラを上げる。
そしてその瞬間、悩殺される私。

衣装はどピンクで、とにかくキラキラしてて、頭の髪飾りもキラキラ。
とにかくもう綺麗でさー!!
見てて蕩けました・・・宝石を纏った美しい鳥みたい・・・とか、すんごい危ないことを思ってました・・・。

コンチータはリコが作り上げた、最高の造形美。そう思った。

良くも悪くも「造形美」。
だけど、ダイヤモンドは磨かなければ輝かない。
それはただの石ころになってしまう。

リコはもうコンチータのことを、「最高の」とは思ってないかもしれないけれど、コンチータは自分がリコにとってそうであることを願ってるんだろな。

●ナイトクラブでの二人。

ナイトクラブの席に座って、コパガールの踊りを見ているんだけど、
リコはそこでローラ(となみちゃん)を見つける。

最初はコンチータと話していたリコが、どんどんローラに釘付けになっていって。
それはコンチータも気付いて、なんとかリコの目線を自分に戻そうと、
自分の衣装のファーで邪魔したり(笑)、リコの手を握ったり(!)するんですよー。
そんないじらしさが、可愛い。。
コンチータがローラを見る目線が、「何この子!」といった目線で。


ああ、この子リコのこと本気で好きなんだー。

キツそうな女優に見えても、中身は恋するオンナノコなんだ。

コンチータは本当にリコのことしか見てないの。
彼以外見えないのかもしれないけれど。

余談ですが、リコの手を握るとこね、本当にカップルぽかったですよ(笑)
どきどきしてしまった・・・。
あの、普通のカップルどうしが喫茶店とかでいちゃいちゃしてるような感じでした。はい。喋りながら手をにぎにぎと絡めあうってのが、ちょっとエロイ(爆)


●劇中劇の最後

ローラ救出の計画がばれてしまい、リコはトニーに銃を向ける。
そのリコを止めたのは・・・コンチータだった。

彼女はどんな気持ちで銃の引き金を引いたのだろう。
そう考えると切なくて、二人しか見えなかった。

たとえどんなに辛い言葉を浴びせられようと、どんなに冷たくあしらわれようと、過去の愛し合った日々が忘れられなくて。

どんなに嫌いになろうとしても、好きなところしか見えなくて。

愛する人が変わっていくのを見ているのは、どんなに切なかっただろう。


リコを撃った後、ピストルなど目もくれずに彼の元へ駆け寄って、
そっと抱き寄せて、目を閉じさせる。

手を自分の頬に寄せるけれども、その手は力無く重力に引かれ地に落ちた。

救いの無い話だった。この二人にとっては。


●現実の世界の二人

ローラの存在を見つけてしまってからは、リコは明らかにコンチータに冷たくなってしまうので、ちょっと見てて辛いのですが・・・
最後の最後に「現実の二人」が幸せそうに笑ってるのを見て、救われました(苦笑)

てっきりリコも死んだと思ってたし、二人で出てきてくれた時は嬉しかったー!
(でも、キラキラの衣装で車椅子にはビビったよ)

そして、現実のコンチータの髪型も可愛かった!!
黒のショートで、可愛らしい女性って感じでした。
リコはヒゲが無く、サッパリした感じ(笑)で、お茶目さんでした。

コンチータの、「この人本当はもう歩けるのよ」という言葉に、
「俺は欲しいものは絶対に手に入れるんだ」というローラに対しての言葉を、今度は車椅子に対して使っていました。
そんなに欲しいんだ、車椅子・・・!

そしてこの日のリコのアドリブ。
コンチータと一緒にはけて行く時に、「今度は電動式にしよう。ウィーン、ガチャガチャ」と身振り付きで話しながら去って行かれました!
歩けるのに電動式がいいんだ・・・車椅子・・・。

まぁ、なんにしても現実の二人がラブラブそうに見えたのが一番嬉しかった。本当に。

で、この日はワタさん会の総見だったようで、最後に皆でスタオベしました~♪
私は初見だったので、よくわからなかったんですが、それでも皆さんファンサービスしてたと思う。
特にワタさんは目線をよく上の方に送ってたと思う。

最後のオーケストラの演奏の時に、ワタさんがもっかい出てきてくれたし☆
しかも、頭に金のでっかいリボン付きで(笑)
赤いマラカスを振りながら、「皆さん、お帰りはサンバステップで!!」と言いながらはけていきました。みんな爆笑。

そんなこんなで、とても楽しかった公演でした!!
DVD買わなきゃね!!











2006⁄06⁄12(Mon) 01:30   星組 | Comment(0) | | ↑Top


Comment

Post a Comment












管理者にだけ表示を許可する

| HOME |


イチヒ

  • Author:イチヒ
  • 詳しくはコチラへ→イチヒのプロフィール


    ●観劇はムラ側。
    ●腐がつく女子。
    ●キレイなものが好き。
    ●オモロも好き。
    ●ツッコミが出来ない関西人。
    ●そのくせ記事ではよくツッコミを展開。
    ●でもツッコむポインツが他人とずれている。
カウンター

太陽と共に

LOVE

   

月別アーカイブ

ブログ内検索

↑Top



Copyright © 2017 明日は明日の風が吹く。. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige & BLAN NOIN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。